外来診療環境体制の整備 最終回

全10回、ご覧いただきありがとうございました。

これまでご紹介した外来診療の環境整備により、厚生労働大臣の定める施設基準に適合し

『歯科外来診療環境体制加算』

を平成25年1月4日の診療初めより算定開始しますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

今年も多くの患者さんが当院に受診してくださり、ありがとうございました。

来年は、患者さんにとってより安全な歯科医療、より理解しやすい説明、より正確な医療を行うことに重点をおき、診療に従事したいと思います。

2012年12月28日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 9 

自動体外式除細動器(AED)

商品名:日本光電カルジオライフAED2100

今回の一連の設備投資の中で、最も重要な機器です。

AEDとは:心臓が細かくけいれんし、血液を送れなくなる重い不整脈「心室細動」の患者に電気ショックを与えて救命する装置。

当院内の患者のみならず、近隣の皆様に心室細動が起きてしまった場合には、ぜひ当院に駆け込み、AEDを使用して頂きたいと思います。

2012年12月27日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 8 (全10回)

高圧蒸気滅菌器

左 ヨシダ デントクレーブ500M

右 オサダ プチクレーブ

器具は、滅菌パックに入れて滅菌し、使用する直前に開封するので
最も清潔な状態で使用できています。

左のプチクレーブは、乾燥は出来ませんが、滅菌時間が短く回転が速いので、バーやファイルの滅菌に役立ちます。

2012年12月26日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 7

経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
(セキムラフィンガーSB220)

 有病者、高齢者に対する麻酔下処置、外科処置を行う際に使用します。処置中にしっかり呼吸できているか、酸素がしっかり身体に廻っているか確認できます。

血圧計
(オムロンHEM-6022 パナソニックEW-BW10)

 有病者、高齢者に対する麻酔下処置、外科処置を行う際に必須の機器です。
血圧の数値によっては、当院での治療を延期し、内科受診を勧めることもあります。
患者さんの安全が第一だからです。

2012年12月25日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 6


酸素ボンベ・酸素マスク
(セキムラ オキシカート500)

歯科医院には、必須の機器です。

診療中に患者さんの体調が悪くなった場合

救急薬のファーストチョイスは酸素と言われています。

2012年12月24日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 5

救急蘇生セット 

1.アンブ蘇生バック(セキムラSPURⅡ)

2.静脈路確保用品

3.救急薬剤セット

    エピペン ネオフィリン ボスミン 硫酸アトロピン エホチール エフェドリン 
    クロールトリメトン アタラックス サクシゾン ジアゼパム ソルコーテフ
    リンゲル液 生理食塩液 20%ブドウ糖液 グルコースサプライ 二トロール
    ニトログリセリン アダラート など

不測の事態に備えています。

2012年12月23日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 4

歯科用口腔外吸引装置
(東京技研フリーアームフォルテS)

口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵を吸引します。患者さんはもちろん、歯科医師やスタッフの健康を守ります。

義歯等を削る際の粉塵からも、術者を守る装置です。

2012年12月21日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 3

歯科医師2名(うち1名は、日本歯科麻酔学会認定医)

歯科衛生士6名

歯科助手5名

が、現在在籍しています。

全員、半年に1度の医療安全管理の院内研修を受講しています。

2012年12月20日:一般::hashima

外来診療環境体制の整備 2

緊急時の患者搬送先として、総合病院国保旭中央病院との連携体制が整いました。

旭市歯科医師会と旭中央病院救急救命科との間で、連携の確認が得られたことによるものです。

2012年12月19日:一般::hashima

サイトナビゲーション

カレンダー

<   2012-12   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
新着記事
平成28年度 講習会参加記録3(02/22)
平成28年度 講習会参加記録2(02/01)
スタッフ募集中です。(01/04)
平成28年度 講習会参加記録1(10/30)
平成27年度 講習会参加記録7(03/14)

検索

ログイン

リンク

SKITEM DESIGN WORKS